pro

CoMoベースの水素化処理触媒の酸浸出プロセスに関する研究

応答曲面法(RSM)を使用して、廃棄CoMoベースの水素化処理触媒の硝酸浸出プロセスを研究しました。この研究の目的は、使用済み触媒からのCOとMoを水溶性の形で溶媒に導入し、その後の精製と回収を容易にし、固形廃棄物の無害な処理と資源利用を実現することでした。温度と固液比。主な影響因子は応答曲面法によって決定され、プロセスパラメータとコバルトおよびモリブデンの浸出速度のモデル方程式が確立されました。モデルによって得られた最適なプロセス条件下では、コバルトの浸出率は96%以上であり、モリブデンの浸出率は97%以上でした。応答曲面法によって得られた最適なプロセスパラメータが正確で信頼性が高く、実際の製造プロセスをガイドするために使用できることが示されました。


投稿時間:2020年11月5日