pro

活性炭の性質と応用

活性炭:より多く使用される非極性吸着剤の一種です。一般的には、希塩酸、エタノール、水で洗う必要があります。80℃で乾燥後、カラムクロマトグラフィーに使用できます。カラムクロマトグラフィーには、粒状活性炭が最適です。活性炭の微粉末の場合は、流速が遅くなりすぎないように、ろ過助剤として適量の珪藻土を添加する必要があります。
活性炭は無極性の吸着剤です。その吸着はシリカゲルやアルミナとは逆です。それは非極性物質に対して強い親和性を持っています。水溶液中で最も吸着能力が強く、有機溶媒中では弱い。したがって、水の溶出能力が最も弱く、有機溶媒が強くなります。吸着物質が活性炭から溶出されると、溶媒の極性が低下し、活性炭への溶質の吸着能力が低下し、溶離液の溶出能力が向上します。アミノ酸、糖、配糖体などの水溶性成分が分離されました。


投稿時間:2020年11月5日